FC2ブログ
Entry Navigation

先を読む力 大西竜平の囲碁/大西龍平



マイナビ 小野孝蘭
高段者 ☆☆☆☆

 気鋭の若手の読みにフォーカスした内容とのことだったので、内容を楽しみにしていた一冊。

 純粋な打碁集ではないもの、それに近い構成なので打碁集に分類した。
 冒頭のテーマ図で手どころを提示して、簡単な解説ともに初手から流れを追っていく構成。ヨセの手順は以下略になっているものもある。新人王戦など著者の代表局を収録する一方、練習で打った碁も取り上げるなど手どころの面白さで選局しているものが含まれるのが特色。

 内容は高度で面白いが、記述・作図ともに簡潔なため高段者向け。棋力が低いと消化不良を起こす可能性が高い。論旨ははっきりしていてわかりやすいので、深読みせずにさらっと並べて楽しむのも一つの手かもしれない。

 こども時代の著者・構成者と対局したことがあるので、その意味で感慨深いものがある。
スポンサーサイト
category
打碁集

詰碁の筋力ジム/青木紳一



上級以上 ☆☆☆☆

 『碁ワールド』誌上にも頻繁に詰碁を発表している青木紳一九段の詰碁集。難解な創作詰碁ではなく、付録で発表したシンプル問題をまとめたもの。

 上級向け15問、低段向け15問、有段向け15問、高段向け15問の合計60問。難易度は一応上級以上としたが、全ての問題に取り組むことを考えると三段以上がよいところかも。作図はシンプルなものが多いので、取り組みやすい。

 解説に力を入れているのが特徴で、易しい問題でも豊富な参考図で解説してある。それらをゆっくり吟味する根気があれば上級者でも十分取り組めるだろう。その分収録問題数は少なくなった模様。

 コラムなどの読み物は一切なく、その意味ではストイックな問題集となっている。
category
詰碁集

勝ち切る頭脳/井山裕太



囲碁ファン ☆☆☆★
幻冬舎

 今更ながら読んでみた。

 「打ちたい手を打つ」という勝負哲学に関する記述が一番興味深いが、本人の内面と外からウォッチしている他人とでは印象がずいぶんと違うところがある。
 本人の述べるところでは、名人初挑戦で感じた限界から「打ちたい手を打つ」意識を強く持ち、自分の碁が変わっていったのだろう。ただ傍観者の見た目には翌年の名人戦の戦いぶりは、(たくましく、強くはなったが)そこまで根本的な変化があったようには思えなかった。本書でも述べられているように、2011年の棋聖戦(張栩棋聖に挑戦失敗)で「打ちたい手を打つ」方針の悪い面(リスク)が出てしまったわけだが、私が井山裕太の碁が変わったと感じたのはむしろこの前後からだった。だから「打ちたい手を打つ」という哲学も、張栩に勝つためというよりも国際棋戦で結果を出すための意識改革なのだろうと解釈していたが、本人の中ではずっと以前からの取り組みだったのだ。
 その辺りの内幕がわかって面白かった。
category
読み物/文芸

詰碁ハンドブック/趙治勲



級位者~ ☆☆☆☆
マイナビ

 基本詰碁集としては、基本的(古典的)図ばかりで、新しい問題に触れたいという人には不満かもしれない。定番の基本問題が網羅され、それを分割出題(二段階出題、変化図出題など)しているところに特色がある。ひと目問題(3手のヨミレベル)を卒業した読者に、少し複雑な問題を理解やすく出題するところに著者の意図があると思われ、それには成功している。
category
詰碁集

最速上達詰碁200/林海峰



2017-08-02追記修正しました

-有段者 ☆☆☆★
マイナビ

 基本詰碁集。
 基本詰碁を扱う宿命として、結局どの本を買っても似たようなものになってしまうtころがある。(『ノータイム詰碁360』とか『石田の基本詰碁160』とか)
 基本として外せない問題をしっかり収録すれば似てしまうのは当たり前で、他と似た問題を収めているから取り組みのレベルが低いとも言えない。そんな中で本書は、工夫のある問題がかなりあり予想以上に面白かった。難易度もほんの少し高めに思える。すでに基本詰碁集を持っている人でも楽しみやすいのではないかと思う。

 第1章と第2章は、ヒントでコウかいないかもわかってしまい、そういう点では興ざめ。
category
詰碁集