Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

最速上達詰碁200/林海峰



2017-08-02追記修正しました

-有段者 ☆☆☆★
マイナビ

 基本詰碁集。
 基本詰碁を扱う宿命として、結局どの本を買っても似たようなものになってしまうtころがある。(『ノータイム詰碁360』とか『石田の基本詰碁160』とか)
 基本として外せない問題をしっかり収録すれば似てしまうのは当たり前で、他と似た問題を収めているから取り組みのレベルが低いとも言えない。そんな中で本書は、工夫のある問題がかなりあり予想以上に面白かった。難易度もほんの少し高めに思える。すでに基本詰碁集を持っている人でも楽しみやすいのではないかと思う。

 第1章と第2章は、ヒントでコウかいないかもわかってしまい、そういう点では興ざめ。
スポンサーサイト
category
詰碁集

やさしく語る碁の本質/白石勇一



級位者~ ☆☆☆☆
マイナビ

 白石勇一六段の処女作。碁の基本を丁寧に説いた一冊で、級位者でもわかるように平易に書かれている。カテゴリ選択が難しかったが棋理の本。要約すれば「碁の序中盤は、なにより石の強弱を重視して打ちなさい」という内容で、これは本当に大事なことと思う。白石六段が抱えている問題意識には、普段囲碁を教えている身としては大いに共感できて、とても大切なことが書かれていると思う。

 本書で語られる内容は、初級者が素朴に理解できるとはいってもけして「簡単なこと」ではない。囲碁に限らず万事「基本」というものはそうなのかもしれないが、あまりにも単純で当り前で大切なことというのは、深く理解したり実践することは容易ではない。本書は一応級位者向けではあるが、上達しても繰り返し読むとよい本。また「万年○段」など棋力の伸びがぱったりと止まっている人にもぜひ手に取ってもらいたい一冊である。

追記
 最終章は面白い形式の問題で、プロの棋譜の手の意味を説明させるというもの。(その手が守りの手なのか、攻めの手なのか、根拠を作る手なのかなど)囲碁は抽象的な概念をいろいろと覚えなくてはいけないが、教えるときにそれをあいまいにしている場合がほとんどだ。とてもよい試みだと思った。
category
講座

定石の解析/韓国国家代表チーム



高段者 ☆☆☆☆
棋苑図書

 2016年3月地点で最新に近い流行形に関して、興味深い解説が並び内容の濃い一冊。流行形に関する解説は、国内の新聞。雑誌では常に遅れ気味なので、国際棋戦観戦が好きな人や流行形を使いこなしたい高段者にとっては貴重な情報源となるだろう。

 ただ高度な内容でしかも最新流行形を扱っているので、図の善悪の判断などは繊細で難解な部分がある。はっきり結論の出ていない部分や、何か新しい手が出てくれば再評価される図なども含まれていると思われ、一般的にアマチュアにはあまり実用性がない内容といえるだろう。

 マニア向けの1冊。
category
定石

中盤の構想力/李夏林



高段者 ☆☆☆☆
東京創元社 睦鎮碩監修 洪敏和訳

 19局の世界戦や韓国国内棋戦の対局を、中盤戦中心に解説してある。初手からテーマ図までの手順も掲載されているのが便利だが、どうせなら総譜もつけてほしかった。
 世界戦の難解な攻防に関する情報は乏しいので、高段者や世界戦ウォッチャーにとってはうれしい一冊。
category
中盤

アマの知らないとっておきの裏定石



マイナビ 松浦孝仁
高段者 ☆☆☆★

 純粋な隅の定石だけではなく、辺の定型や定石後の手段に含まれるようなものを含んでいる。必ずしも最新形ばかりではなく、昔からある手段も紹介されている。実戦で使えそうな形が多いので実用度は高い。読みこなすにはそれなりに棋力や予備知識が必要な感じもあるので高段者向け。
category
定石
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。